×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

老後の資産運用

トップページ>個人年金 老後の資産運用


生命保険無料相談

【老後の資産運用】

老後  老後のための資産運用はやり直しの効かない資産運用です。


定年間近になってから運用に失敗し、財産の大半を失ってしまうことになると、もはやそこから資産を作り直すことはできません。ですので老後の資産運用は、使用目的を明確化し、長期的な視野で運用する事が非常に重要な要素となります。


預貯金等のリスクの低い資産運用もありますが、あまり早いうちから範囲を狭めずに、長期的なヴィジョンでリスクを分散しながら運用していく事が大事です。


【図1 目的】
目的


生活 ◆生活資金
生活の基本となる資金ですので最も重要な資金です。
公的年金にプラスして、生命保険会社の個人年金等を利用して確実な運用を心がけていきたい部分です。


生活資金は、食費や住居費などの毎日の生活に欠かせない部分の資金ですので、最悪でも死守したい資金がこの生活資金です。



予備 ◆予備資金
病気や事故等の万が一に備える資金です。
生命保険会社の介護保険等を利用して備えておきたいところですが、予備の資金ということを考えた方がいいようです。


あくまでも予備の資金ですので、あまり大金を投資せずある程度の幅を決めて備えておく事が重要といえるでしょう。



趣味 ◆余裕資金
旅行や趣味等のために蓄えておく老後を楽しむための資金です。
当面使用する予定のない資金ですので、長期的な商品を利用することも有用な手段です。


この余裕資金は、「最悪なくなってもしょうがない」という開き直りができますので、リスクの高い投資商品で手がけるのも有効です。


詳しい運用の方法は、専門のファイナンシャルプランナーに問い合わせてみて下さい。


個人年金の種類と特徴はこちら>>
保険会社の選び方はこちら>>
お薦め個人年金はこちら>>