×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

厚生年金 老齢厚生年金の額

トップページ>厚生年金 老齢厚生年金の額

【老齢厚生年金とは?】

老厚  老齢厚生年金は、厚生年金に加入していた人が貰える年金で、基本下記の要件を満たせば貰えます。


【要件】
65歳以上である。
・保険料納付済み期間と免除期間が合わせて25年以上ある。
・厚生年金の被保険者期間が1ヶ月以上ある。


早い話が、25年以上年金を払っていて、会社員だった期間が1ヶ月以上あった人が65歳になると受け取れるって事です。


それでは気になる年金の額はいくら?くらいなんでしょうか?


【老齢厚生年金の計算方法】

年金額
<図1 計算方法>


計算  老齢厚生年金の額の計算は、本職の社会保険労務士でもとても難解でややこしいため、かなり噛み砕いて説明します。


解かりやすく言うと、平成15年3月以前は毎月の標準報酬額を全期間で割って平均をとり、生年月日に応じた率をかけ加入期間の月数をかけてたものになります。


平成15年4月以降からは、ボーナスからも徴収されることになったため、標準報酬額と標準賞与額の平均をとることになります。


【加給年金】

 被保険者期間が240月以上ある方が老齢厚生年金の受給件を取得した当時、生計を維持している図2の配偶者や子供がいる場合、加給年金が加算されます。

加給年金
<図2 加給年金>


 加給年金は老齢厚生年金にプラスされる年金で、早い話が65歳になった時に年下の奥様がいるか、18歳未満の子供がいれば追加されるということです。


知らないと損する年金のもらい方

知らないと損する年金のもらい方

価格:1,050円(税込、送料別)


<<厚生年金トップへ戻る